会社設立の方法!運送業を開業するには? - 会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立前に知っておきたい!電子定款 > 会社設立の方法!運送業を開業するには?
会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立の方法!運送業を開業するには?

image

会社設立で運送業を開業する場合は、どのような手続きを踏めばいいのでしょうか?
今回は、運送会社に関係する会社設立の基本的な知識を、詳しく紹介したいと思います。

運送会社を開業するための開業資金の目安について、説明したいと思います。
運送会社は、トラック及びハイエースのような小型車を、5台以上保有していないといけない決まりがあります。
軽トラはこの5台の車両に含むことが出来ず、また、アルファードやボクシーなどの一般車両も、ここに含むことはできません。
認められるのは、あくまで貨物車両として、扱われるものに限ります。

そのためそれらの車両の購入費なども考えなければなりませんので、中古で仕入れたとしても、だいたい600万円から2000万円前後を、開業資金として用意する必要があります。
車両の他にも、事務所設置費用や、駐車場費用、登記手続き費用など、様々な諸経費を考慮しておかないといけません。

お金の面以外で必要なことは、有資格者を置かなければなならないということです。
必要な有資格者は、運行管理者、整備管理者など、営業するにあたってこれらの管理者が必要となります。

ちなみに整備管理者は、整備管理の経験が2年以上ある人を、管理者として任命することができます。
あとはドライバーは会社の代表者を含む、5人以上必要となります。
会社の代表者が、ドライバーとしての大型の免許等を保有してない場合は、代表者を除く5人以上のドライバーが必要です。

このように運送業の会社を設立する場合は、それぞれの条件を満たしていなければなりません。
では運送業の運転資金の目安は、どうでしょう?

運転資金は開業資金とは違って、営業中に必要となる費用を見越して持っておかなければならないお金です。
当然運転資金が多ければ多いほど、会社に体力があるということになりますので、対外的な信頼は高くなります。

ですから、できるだけ多い方がいいのですが、目安として考えられる金額はだいたい3ヶ月から6ヶ月以上分の運転資金を保有しておくのが、最低限度の条件だと言えます。
営業基盤がまだしっかりしていない場合は、もっと運転資金を用意してから始めた方がいいです。

このように運送業を開業するためには、設備の準備や人材の確保、資本金の調達など、ある程度のハードルをクリアしなければなりません。
運送業以外の他の職種でも、ハードルが高い部分がありますので、会社を設立する時には、十分下調べをしてから手続きを行うことが肝心です。

top