会社設立で必要なPCソフトはある? - 会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立前に知っておきたい!電子定款 > 会社設立で必要なPCソフトはある?
会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立で必要なPCソフトはある?

image

個人事業主だった人が、本格的に登記をして会社設立をした場合、どのような事務処理用のPCソフトを用意した方がいいでしょうか?
今回は、事務処理に使うPCソフトについて、お話したいと思います。

まず、会社で一番使うのは会計ソフトです。
会計ソフトは、経理の業務にかかる労力を、大幅に減らしてくれる内容のものが多く、必ず導入したほうがいいソフトのひとつです。
会計ソフトがあれば、決算書や賃借対照表を簡単に作成することができますので、かなり便利です。
この二つの書類は、青色申告で確定申告をする時に必ず必要になります。

非常に便利な会計ソフトですが、種類がたくさんあるので、どれを選んでいいのか悩むことも多いでしょう。
できればクラウド機能が付いたものを選んでおくと、会社内で使いやすいので、選ぶ時にはそういったものを選択して導入するといいです。

他には、青色申告ソフトなども、必要なPCソフトのひとつです。
青色申告ソフトは、確定申告を青色申告で行う時に必要になるソフトです。
入力すれば、自動的に計算をしてくれますので非、常に便利なソフトになります。

最低限この二つのソフトを揃えておけば、経理業務に掛かる労力を減らして、ある程度少数の従業員でも、やっていけるのではないかと思われます。
法人化すると、どんぶり勘定は税務署に対してあまり良い印象を抱かれませんので、自分で経理ができない場合は、こういったソフトを使うのが一番です。

あとは、外部に経理を任せるという方法もあります。
例えば税理士や会計士に依頼して、経理をアウトソーシングするということです。
費用はかかりますが、会社をコンパクトに運営していくためには、こういった方法を取るのもいいのではないかと思われます。
あとオフィスソフトは、最低限用意しておいた方がいいPCソフトです。
これらのソフトは導入すれば、全て経費で落とせますので、必ず用意をしておくようにしましょう。

こういった財務処理は、経理を雇って自社で行えるよう会社が大きくなればいいのですが、最初のうちは、オーナーが中心になって動くような小規模の会社であることが多いため、経理のために人を雇う余裕がない会社もあるかと思われます。
そういう場合は、先ほども説明したように、経理をアウトソーシングするという方法が一番いいのではないかと思われます。

そうすれば、少数精鋭でも、本業に集中して会社を回していくことができるため、財務処理の外部委託はかなりおすすめです。
外部に委託した時にかかる費用はもちろん、経費として計上できますので、節税にも繋がります。
まずは、コンパクトでも事業を運営できるスタイルを構築していきましょう。

top