電子定款のメリットはなにか - 会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立前に知っておきたい!電子定款 > 電子定款のメリットはなにか
会社設立前に知っておきたい!電子定款

電子定款のメリットはなにか

会社設立時に定款を作成するにあたり、2004年から始まった電子定款による提出が主流になりつつあります。
以前は紙ベースで作成をしていた定款ですが、電子的記録媒体により作成し認証を受けるようになりました。
メリットとして、紙ベースでは印紙代が4万円かかりましたが、データで認証をうけることにより、印紙代がかからなくなります。

通常の定款認証では、代理人や発起人の署名と押印が必要でしたが、電子定款ではデータの為、署名することは出来ませんので電子署名を使用します。
電子署名はあらかじめJCSIで取得しておく必要あります。
また、電子定款を作成するためには、署名キット・電子証明書等の準備が必要になります。
準備として数万円かかりますので、数回に渡って使用する場合は良いのですが、一度だけの使用でしたら電子署名に環境が整っている行政書士などに依頼した方が安くできるかもしれません。
作成する時間や手間も省く事が出来ると思います。

通常の紙ベースに比べ専門家に依頼した方が安くなり、他の手続きも含め対応してもらえます。
会社設立の手続きがスムーズにできます。
手間がなくなり、その分会社の設立準備や、営業の時間ができ会社の利益になると思います。
電子定款により、公証役場に認証申請をしなくても、オンライン上で申請できるため、何度も足を運ぶ必要がなくなります。

コンピューターが普及し、インターネットを活用した取引が増えてきています。
官公署においても電子化の波が押し寄せています。
会社設立の際も電子化が求められるようになり、オンライン上で申請することが主流となり紙ベースより安く申請できるようになりました。
機器の準備に費用をかけるのではなく、専門家に依頼すれば2~3万円のコスト削減ができるので、電子定款で認証したほうが良いかと思います。

また、これからは電子化される時代です。
機器が整っている環境であれば、発起人が作成し申請することにより、かなりのコスト削減が見込まれるのでデータで申請することを考えてみてはいかがでしょうか。

top