電子定款の準備には何が必要か - 会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立前に知っておきたい!電子定款 > 電子定款の準備には何が必要か
会社設立前に知っておきたい!電子定款

電子定款の準備には何が必要か

会社設立時には、必ず定款を作成し認証されなければいけません。
電子定款の申請は法務局のオンラインシステムで行います。
オンラインシステムで会社設立時の電子定款を行うためには、準備が必要になります。
オンラインシステムでは申請者の登録が必要になり、パソコンの設定もいくつか変更する必要があります。
また、申請用総合ソフトをダウンロードし、インストールしておきます。

電子定款を作成する前に、定款の内容を作成しなければなりません。
ワードファイルなどで定款を作成し電子定款にする準備を始めます。
定款を作成した時点で一度、法務局や公証役場に確認してもらうことが大切です。
電子定款は承認申請をしてしまうと、再申請や訂正する場合、会社を設立の際は、およそ5万円の申請料がかかります。
再度支払うことになりかねませんので訂正がないようにあらかじめ確認する為です。

電子定款を作るためには、ソフトや機器も必要になります。
PDFファイルの作成をするためにも署名が可能なソフトでなければいけませんのでソフトを購入する必要があります。
電子証明書やICカードリーダーライタや住基カードも必要になるので準備してからとりかかるようにします。
住基カードがない場合は、マイナンバー制度により個人番号カードを作る必要性があるので準備が必要です。

これらの機器をすべて準備すると紙データで貼付する印紙代の4万円を超えてしまいますので、その時は専門家に相談・依頼した方が良いと思います。
専門家に相談・依頼した場合、コストも印紙代に比べ安くすみます。
また依頼したことにより準備が必要な機器代も削減できます。
専門家に依頼する場合は、電子定款ができる専門家か確認が必要です。

定款を作成するにあたり、将来の事業目的等にアドバイスもしてもらえ、定款を訂正するリスクがなくなると考えられます。
訂正時の申請料も考え、機器を購入する場合は、専門家に依頼した方がコスト削減になり、手続きにも時間がかからずスムーズに会社を設立できると思います。

top