電子定款の手順について - 会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立前に知っておきたい!電子定款 > 電子定款の手順について
会社設立前に知っておきたい!電子定款

電子定款の手順について

会社設立時、電子定款で認証を受けようとする場合、手順がわからないとスムーズに進められません。
電子定款は、電子で作成することにより、印紙代の4万円が不要になるため、電子定款で作成される方が多くなりました。
電子定款を作成したら、認証をします。
定款認証を受けるのは、法務省のオンラインシステムを利用します。

定款を認証する人の情報登録から始めます。
申請者情報登録するためには、パソコンの設定を変更する必要がありますので、申請者操作手引書、導入編に詳しくかかれていますので、ダウンロードして確認する必要があります。
申請用総合ソフトをダウンロードし、URLに申請者操作手引書、商業・法人登記申請 申請用総合ソフト編という項目がかるので、それを見ながら進めていきます。

あらかじめ用意してある、電子署名をいれた電子定款を送信します。
送信先は本店所在地の管轄する公証役場に送信します。
定款の認証が終わったら、直接公証役場に行き定款のデータを受け取ります。
このとき電話で予約を行う必要があるので、忘れずに予約をしてから行きましょう。
また、なにか必要な持ち物はないか予約の際に確認しておいたほうがよいです。
一般的には、USBメモリ・電子定款のプリントアウト・発起人の印鑑証明書・電子署名をした人以外の委任状・身分証明証・認証手数料やその他の手数料・印鑑が必要になります。

複数人で会社設立をする場合、電子署名をした発起人以外の委任状が必要となることがあります。
サンプルとして公証役場のホームページに雛形がありますので、URLをダウンロードし、委任状の空白を埋めて利用できます。
委任状は定款と一緒にホチキスで留め、各ページに割印をする必要があります。
委任状が必要かどうかは直接、役所に問い合わせてみることです。

電子定款にすることにより、従来3通必要だった定款は、電子により定款のプリントアウトは会社保管用の1通でよくなりました。
電子化されたことにより、申請に出向く回数も減ったためスムーズに認証を受けることができるようになりました。

top