電子定款で使用する機器はどんなものがあるのか - 会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立前に知っておきたい!電子定款 > 電子定款で使用する機器は
会社設立前に知っておきたい!電子定款

電子定款で使用する機器はどんなものがあるのか

電子化が進み、各役所でもオンラインシステムの導入が多くみられるようになりました。
これからのことを考えると電子化にも慣れておく必要があります。
紙ベースで認証を受けるより、電子定款の方が4万円の印紙代がかからないことも魅力かもしれません。

会社設立時に電子定款で認証を受ける場合、どのような機器を導入するのか調べておく必要があります。
機器をそろえる費用のことも概算として押さえておく必要があります。
まず、必要な機器についてですが、ICカードリーダライタが2000円~6,000円、AdobeAcrobatStandardソフト34,800円、住基カード500円、電子証明書500円の機器と費用が必要です。

電子証明付き住基カードにはICチップが内蔵され、ICチップの電子証明のデータを読み込みPDFファイルの定款を行うために、ICカードリーダライタが必要です。
ICカードリーダライタには種類があり、各市町村により対応しているICカードリーダライタが違うので、対応するICカードリーダライタを調べておく必要があります。

ワードで作成した定款は、PDFに変換します。
その際、電子署名が必要になり、電子署名は市町村で発行する電子証明付き住基カードの電子証明書のデータをPDFフャイルの定款に必要になりますので、AdobeAcobat10もしくは11のProfessionalまたはStandardを購入しパソコンにインストールします。
無料のAdobeReaderもありますが、そのソフトでは定款の電子署名はできませんので注意しましょう。

住民票のある市町村役場で住基カードは発行してもらえます。
紙ベースの定款の場合ですと発起人全員分の署名・押印が必要でしたが、電子署名では代表者ひとりで大丈夫です。
電子証明が必要なことを伝え、電子証明書つき住基カードを発行してもらう手続きを行います。

市町村役場で発行してもらった住基カードに付与してもらうのが、電子証明書になります。
すでに住基カードがある場合は、その住基カードに電子証明書を付与してもらいます。
電子証明書は住基カードのICチップに内蔵されます。

top