電子定款で認証を受けるには - 会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立前に知っておきたい!電子定款 > 電子定款で認証を受けるには
会社設立前に知っておきたい!電子定款

電子定款で認証を受けるには

会社設立時に電子定款を作成することが今は主流になっています。
電子化が主流になり、パソコンで申請や手続きができるようになってきました。
これからのことを踏まえ、電子化に対応できる環境を整える必要があります。

電子定款とは、電子署名のついたPDFのことをいいます。
署名を付ける定款の作成をワード等で作成し、PDF形式のファイルに変換することです。
PDFファイルに変換するときに電子署名を付けるため、専用ソフトが必要になります。

専用ソフトは1~2万円で購入できますが、そのほかの機器代を考えると、コストがかかります。
すべての機器を揃えるためには、紙の定款印紙代の4万円を超えてしまうので、経費としてはかかりすぎてしまうようです。
ソフトがなく、専用機器も揃っていないのであれば、ワードで定款を作成するところまではご自身でおこない、電子認証の部分のみを専門家に依頼することもできます。
この場合、ご自身で何も用意することなく、専門家の報酬分を負担するだけで定款認証ができます。
専門家によっては、郵送で対応してくれるところもありますので、ご自身で公証役場に行く必要もなくなります。

専門家に支払う報酬額が気になりますが、2~3万円位でできるようです。
経費的にも抑えられ、時間も労力もあまりかからないで会社を設立できるのではないでしょうか。
機器が揃っていて、ご自身で認証できる環境が整っているのであれば、ご自身で認証をした方がコストもかからないと思いますので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

PDFに変換というと難しく感じますが、専用ソフトがあり法務省のホームページにも記載があるので、手順通りに進めていけば簡単にできます。
どちらかというと定款の作成のほうが大変かもしれません。
法務省のホームページには手順が詳しく書いてありますので、一度検索し、勉強の為にも利用したほうが、今後電子化に対応した各役所の手続きにもスムーズに対応できると思います。

しかし、各役所に対応したソフトや機器の導入にはコストがかかります。
一度きりの申請や認証の場合には十分注意が必要になります。

top