電子定款のカードリーダーはどれでも良いのか - 会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立前に知っておきたい!電子定款 > 電子定款のカードリーダー
会社設立前に知っておきたい!電子定款

電子定款のカードリーダーはどれでも良いのか

会社設立時、定款を紙で認証するか、電子で認証するか決めてから定款を作成します。
主流は電子定款なので、電子定款に必要な機器について知っておく必要があります。
カードリーダーは住基カードやマイナンバーカードに保存された電子証明書を読み取るためのICカードリーダライタを準備する必要があります。
価格は2000円前後で購入でき、市町村によっては、カードを作る際に無料で配布している所もあるので、各治自体に問い合わせてみるのも良いでしょう。

住基カードには2種類あり、非接触型ICカードとコンビ型ICカードがあります。
カードリーダーは公的個人認証サービスに対応したICカードリーダライタを購入する必要がありますので、購入する前に適合機種の確認をしたほうが良いでしょう。

住基カードを新規で発行することは、マイナンバー導入により、できなくなりました。
その場合、マイナンバーカードを発行する必要があります。
マイナンバーカードには住基カード同様に電子証明書を読み取れるようになっています。
また、カードライターにはマイナンバーカードに対応していない可能性もあり、注意が必要です。
ICカードライターのドライバは最新のバージョンにインストールしておくとよいでしょう。
インストールによりマイナンバーカードが使えるようになる場合があるからです。

カードリーダーは電子定款認証だけでなく、電子により確定申告、納税、申請や届け出もできます。
住基カードとカードリーダーがあれば、各役所の手続きができる場合があるので、電子定款以外にも用途があることを確認しておきましょう。

会社を設立するのであれば、これからカードリーダーや住基カードは頻繁に使われると思います。
各申請も電子化に移行してきています。
価格も安価なので、会社に1つは必要になってくるでしょう。
ご自身で申請や手続きをする場合は、カードリーダーは必要ですが、専門家などに依頼する場合は、機器は不要になりますので、先々のことを見据え購入するか否かを考える必要があると思います。

top