電子定款を代行してもらうメリット - 会社設立前に知っておきたい!電子定款

会社設立前に知っておきたい!電子定款 > 電子定款を代行してもらうメリット
会社設立前に知っておきたい!電子定款

電子定款を代行してもらうメリット

会社設立時、定款の作成・認証をしなければ、会社を設立することはできません。
定款には印紙代4万円がかかります。
経費削減するために、電子定款を代行してもらうとどのようなメリットがあるのでしょうか。

従来の紙ベースで認証を行う場合、作成や認証に時間がかかり、経費もかかります。
会社設立時はできるだけ時間をかけず設立し、営業をしたいと思う方が多いのではないでしょうか。

電子定款をする場合、機器やソフトの購入が必要になります。
機器やソフトを持っていれば良いのですが、会社設立時の定款は、定款の内容に変更が生じることがない限り一度きりですので、機器やソフトをそろえるコストを考えると代行を依頼した方が、メリットがあると考えられます。
通常ソフトや機器を購入し、作成・認証まで行うと費用や時間・労力がかかってしまいます。
購入費用と、代行を依頼する報酬料とでは、それほど変わりはないようですので、専門家に代行してもらうことを検討してみてはいかがでしょうか。

専門家に依頼すれば、会社を設立する際の注意点や相談・依頼もできます。
定款認証の際に定款を作成する際に良きアドバイスをしてくれでしょう。
定款の変更や修正も必要がなく、手間もかかりませんので、そのことを考えるとぜひ利用したいです。

代行を依頼するには、インターネットで代行を依頼できます。
様々な代行業者がインターネット上にはあります。
費用を安く抑えたいと考えておりましたら、活用してみてはいかがでしょか。

また、所在地に近い専門家に依頼したほうが良い場合もあります。
これから会社を設立するのですから、仕事上専門家の相談や申請が必要になった時に、すぐ相談できるメリットがあります。
所在地に近いことで対応も早くスムーズに解決してくれますので、発起人は仕事に集中できるというメリットはかなり良いでしょう。

会社設立時は様々な手続きの為に時間が必要になります。
専門家に代行してもらう事により、営業やほかの設立の手続きに時間を使う事が出来ると思います。

top